« 2024年01月 | メイン | 2024年03月 »

2024年02月 アーカイブ

2024年02月03日

寒い日のお楽しみ~♪

 先日、幼稚園にも雪が舞い、子どもたちは大喜び!!今年は暖冬と言われなかなか雪が降らず、子どもたちもこの雪を心待ちにしていました♪
 
 明日は気温が下がると知った子たちは、前日から氷作りの仕掛けをセッティングして次の日を楽しみにする様子も…♪

 たくさん積もるような雪ではありませんでしたが、子どもたちの遊ぶ力には感激します!わずかに積もっている雪をかき集めて、大きな塊を作ったり教師にぶつけたり…(笑)料理をしたり、ミニミニ雪だるまを作ったり…寒さを気にせず喜んで夢中になって遊ぶ姿に子どもたちの逞しさを感じます♪

 先生たちからのメッセージ♡

 メダカ池に張った氷を持ち上げて、クラスのみんなに見せに…!手が冷たそう~(>\<)

 自分たちで仕掛けた氷ができて大喜び~♪

 園内のいたるところに氷作りの仕掛けがありました…!

 年少さんの仕込みの様子…!どうなるのかな~?!

 砂場に穴を掘って足湯ごっこ~♪

 本当のお湯を入れて、足がぽかぽか~♪

 年長さんの氷釣りの様子~♪

 自分たちで作った氷を釣り上げて大喜び♪

 寒さに負けず元気に遊ぶ子どもたち。今のところ感染症の流行もなく、裸足で遊ぶ子どもたちもまだまだいます♪日々子どもたちの元気な姿に、こちらが元気をもらっています!


 

2024年02月06日

豆まきをしました!

 節分の日を前に、幼稚園では豆まきをしました。

 鬼のお面を作ったり、枡を作ったり、豆まきごっこをしたりしてそれまで楽しんできた子どもたち。豆まきを知っている子どもたちは「豆まきには鬼が来るからどうやって倒すか考えよう!」と作戦を立てたりもしていましたよ♪

 豆まき当日、朝幼稚園に着くなり「今日は鬼が来るんでしょ♪」「(小学校の)お姉ちゃんのところに鬼が行かないように幼稚園でやっつけるんだ!」となにやらやる気満々の子どもたち!!

 いよいよ豆まきの時間…

 まずはたんぽぽぐみ、ひよこぐみさんがお部屋で豆まきです。


 鬼になっているのは・・・先生~?!

 教師の予想に反して…全く怖がらず「おにはーそとー!!」と豆をまく子どもたち♪
 でも鬼を先生とわかっていない子もいたようです!
 最後は鬼さん「参りましたー」
 子どもたちが鬼をやっつけました~!!



 園庭では紙に描いた鬼に向かって「おにはーそとー!!」と豆をまくももぐみさんとひまわりぐみさん。


 その後ろから忍び寄るのは、本物?!の鬼?!!

 朝、鬼がお姉ちゃんのところに行かないようにやっつけると張り切っていた子も…「ギャー!怖いー!」と逃げ回っていましたよ~。

 それでも、鬼の迫力に負けず立ち向かっていく子もたくさんいました!!



 たんぽぽぐみ、ひよこぐみはテラスから応援です!
 鬼の姿を見るだけでも泣いてしまうかなー…と思っていましたが、ほとんど誰も泣かず、それどころか鬼のいる園庭にどんどん近づいていく子も!


 鬼を追い詰めたところで最後は幼稚園のみんなで声を合わせて「おにはーそとー!!」


 幼稚園から鬼を追い出しました!みんなよく頑張ったね♪

 クラスに戻ると福の神さんが何かを手にやってきました!!


 なんと食べる“お豆”です~♪
 歳の数だけ食べるともっと元気になったりいいことが起きるよと福の神さんに教えてもらいみんなで歳の数だけ食べることに!
 しっかり噛んでゆっくりといただきました。「おいしいー♪」「もっとたべたいー!!」と大人気で全クラスペロリと完食♪





 この“お豆”幼稚園ならではの工夫があります。
 炒った大豆は窒息、誤嚥事故が起こりやすいということで消費者庁からも注意喚起がされています。
 でもせっかくの伝統行事なので何か工夫して食べられないかと考え、蒸し大豆を甘く煮て、きな粉をまぶしたものにしました。
 お母さんたちからも「これならやわらかいし、すぐ作れるし、大豆づくしで体にもいいですね!」との声をいただきました!!

 福の神さんありがとうー!!
 今年も子どもたち、幼稚園に関わってくださっている全ての方たちにたくさんの福が訪れますように♪

2024年02月08日

もうすぐ生活発表会♪

 園庭の梅の花が咲き、一足先に春が訪れたような陽気の日が続いています。いよいよ来週は生活発表会です。遊戯室の舞台は、日々子どもたちの笑顔で賑わっています♪
 生活発表会ではこの日々の賑わいが保護者の皆様に少しでも伝わるといいな~と感じています。
 この幼稚園の発表会には敢えて「生活」という言葉が付けられています。子どもたちによそ行きの姿を求めず、できるだけ普段通りに楽しんでいる姿が見せられたらいいなぁという思いがあります。一緒に生活しているクラスの友だちや担任とのやり取りの中に日々の姿や関係性を垣間見ていただけたら光栄です。
 そして我が子の成長を、決して周囲と比べることなく感じていただけたらと思います。ちょっと前の我が子の姿、一年前の我が子の姿、入園当初の我が子の姿…思い浮かべていただくと、必ず!とてつもなく成長しています!
 そんな我が子の姿を、今しか見ることのできない姿を、目と耳だけでなく心で感じていただけたらと願っています。

 子どもたち一人ひとりがその子らしくいてほしいと願っています。緊張するのもその子らしさ、興奮でテンションMAXになるのもその子らしさ、かわいくやりたい、かっこよくやりたい、頑張りたい…そう思って目指すのもその子らしさです。年長さんの中には「練習するぞ!」と意気込む子の姿もあります。
 どんな姿でもいいんだよ…という無償の眼差しで、少なくとも教師は見守っていきたいと思っています。保護者の皆様にもあと一週間、「楽しみにしてるから!」「期待してるよ!」「皆で見に行くからちゃんとやるんだよ!」とあまりプレッシャーをかけ過ぎないようお願いしておきます(笑)

 当日は多くの保護者の皆様にお客さんとして来ていただきます。普段とは違う舞台からの光景にびっくりする子も多いと思います。手を振ったり声を掛けていただいて構いませんので、子どもたちの緊張を少しでも緩めてあげられるようご協力お願いいたします!

 

2024年02月16日

生活発表会を行いました~♪

 2月15日、幼稚園では生活発表会を行いました。当日まで園内での感染症の流行もなく、子どもたちが普段通りにクラスの友だちと一緒に楽しむことができたのではないかな…とホッとしています。

 観覧人数に制限を設けず、たくさんのお客さんに見に来ていただけました。子どもたちの中には見られることが嬉しい子もいれば苦手な子もいます。ドキドキして普段とは少し違う姿を見せていた子もいましたが、そういった姿も含めて今の子どもたちの姿なんだと受けとめていただけたらありがたく思います。
 子どもたちは必ず成長します。そして今現在成長しています。でもそれは必ずしも大人が思い描いている成長ではないかもしれません。ただ、その子なりの成長を受けとめてくれる大人が傍にいれば、きっとその子らしくその子なりのスピードで自己発揮できるようになっていくのだと思っています。

 
【年長:楽器あそび】
 7種類の打楽器で、リズムを合わせたり分かれて打ったりしました。教師の合図を見る目が真剣!
 初めの頃は音がバラバラでしたが、教師の合図を見落とさないようにしたり、ピアノの音や友だちの楽器の音をよく聞いたりして、みんなが心を合わせていくことが大事だと気づき、目指していきました♪

【年中:うた】
 教師とどっちが元気に歌えるかな~?!と勝負をして、『コソ練』を重ねてきたその成果は?!

【年少:表現あそび】
 舞台に乗ると嬉しくなっていつも以上に興奮する子、照れながら友だちの後を付いていく子…一人ひとりの動物さんの表現がかわいすぎました♪

 いつものように満三歳クラスの子どもたちが覗きに来て…「い~れ~て~」

 満三歳クラスの子どもたちも一緒に舞台に上がって楽しみました♪さるさん、うさぎさん、ワニさん、ゴリラさん、トリケラトプスさん…自分の好きな動物(?!)になりきって遊びました~!

 最後は一緒にうたを歌いました~♪何かと一緒に過ごしてきたたんぽぽ組とひよこ組。日々けんかもありますが、『おねえさん』や『おにいさん』をしてくれるたんぽぽ組さんもたくさんいます!

【年長:うた】
 楽しい気持ちで歌ったり、やさしい気持ちで歌ったり…どういう気持ちで歌いたいか自分たちで話し合って考えました!

【年中:楽器あそび】
 数種類の打楽器で、いろいろな曲とリズムに合わせて楽しんできました。この日は3種類の楽器に分かれて、皆で合わせたり楽器ごとに鳴らしたりして楽しみました♪
 年長さんみたいにやりたい…そんな憧れも芽生えています☆

【年少:楽器あそび・うた】
 初めの1曲は満三歳クラスの子どもたちも一緒に楽しみました~♪年少さんの楽器あそびは楽器や音楽に親しむことから…楽器の持ち方は敢えて指示していません。時には両手に持てるだけの鈴を持って鳴らす子もいました!

 たんぽぽ組はうたも歌いました!大好きな曲では、普段は歌詞のないイントロから「てーてーてーてー…♪」と元気に盛り上がっていますが、当日は緊張していた子も多かったようでした♪
 いつもポケットに手を入れて歌う子が数人いましたが、きっと緊張してるのかな…手を入れると少し安心できるのかな…そんな思いで敢えて手を出すよう声を掛けていません。この日もいましたね♪子どもたちなりに頑張っている姿に心打たれます!

【年中:お話あそび】
 子どもたちの大好きな『オオカミと七ひきの子ヤギ』を題材にしました。配役は教師が決めるのではなく自分たちで決めます。全員が子ヤギ役をやりたがり、オオカミ役がいなかった一週間前、どうしていきたいのかクラスで真剣に考え、役が決まりました。
 当日は照れからか出られなくなってしまった子に代わって、その場で代役をする子もいて、いろいろなハードルを乗り越える力を備えた子どもたちの成長に驚かされました!

 お話の世界に入って遊ぶ子どもたちは本当に楽しそう~♪

 一人ひとりの表現に個性があり、その個性をお互いに認め合う様子が伝わっていたら嬉しいです!

【年長:劇あそび】
 年長さんが目指したのは劇そのもの!見られていることを意識し、声の大きさや体の向きなども皆で考えながら日々取り組む姿がありました。日に日に子どもたちの意識が高まってくると、本当に一人ひとりの姿が変化し、当日舞台に上がった子どもたちはとても勇ましくも感じました!

 この幼稚園の舞台には幕はありません。本来なら幕の裏になる待機場所で垣間見られる普段の生活の様子、子どもたち同士の関わり、教師と子どもたちの関わり…そういった場所でこそ見られる姿が必ずあり、そういった場面こそ見ていただきたいという思いがあります。
 年長さんの劇では、自分たちでナレーションを入れたり楽器で効果音を出したり、全員でうたを歌ったり役交代のために衣装をチェンジしたり…目まぐるしく動く子どもたちでした!
 舞台の上の子が、自分のセリフを忘れてしまうと…横の待機場所からコソコソっと友だちが教える姿もありました!

 題材決めから配役、道具作りまで全て自分たちで行いました。配役は、自分がやりたいという気持ちだけでなく、この子にやってもらいたいという意見も出しながら決めていきました。皆が自分事として捉え、楽しい劇を完成させたいという思いを共有し、取り組むことができたのは年長さんならではでした☆

 自分たちのアイデアが形となって実現していく…そんな経験もたくさんさせてあげたいと願いながら取り組んでいます。

 子どもたちからは「かっこよくなりたい」「もっとかっこよくなりたい」とよく聞きました。かっこよくなるために、教師たちもたくさんアドバイスをしました。
 それを聞いて次の機会にはやってみせる子どもたち!年長さんの意欲と吸収力は本当に教師顔負けです!!

 「がんばったね」「かっこよかったよ」と保護者の方に言われることが、何より子どもたちの自信になります。達成感に満ちた子どもたちの表情が輝いていました☆

 たくさんの皆様に生活発表会を見ていただき、そしてたくさんの拍手をいただき本当に感謝の気持ちでいっぱいです。子どもたちの成長は日々止まりません!大人が気づかない間にこんなに成長していたの?!と驚かされることもあります。その成長の一端を感じていただけたとしたら幸いです。


About 2024年02月

2024年02月にブログ「第二自由ヶ丘幼稚園 すくすく成長日記」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2024年01月です。

次のアーカイブは2024年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34