« そうそう これこれ!! | メイン | 実現できなかった・・ »

子どもの口伝え

昨日、すみれ組のみんなに先生がちょっとしたお願いをしてみました。

今、舞台でちょっと楽しんでいる“だるまさんが”というお話。
なかなかのっているのでここで盛り上がるようにと
「あのね・・この絵本に出てくる“だるまさん”の~」・・・と。

翌日の今朝、

まず一人目。Tくん。
サンタさんの帽子をたぶん・・お母さんがミシンで縫ったらしい感じで持ってくる。

次二人目。Tちゃん。
お姉ちゃんの真っ赤なマントを持ってくる。(これヒット!)

そして三人目。Mちゃん。
お母さんが絶対縫ったでしょうという赤い布を持ってくる。

中には「おかあさんにいったけど・・“ない”って言ってた」

そしてもちろんな~んにも伝えてない子も。

ちゃんと伝えたか伝えてないか そんなことは全然問題じゃありません。
いったい年少さんがこんな伝言をどんなふうにお母さんに伝えて
聞いたお母さんがどんなリアクションを返してくれるか
これが知りたかっただけです。
楽しいひとときをありがとうございました。


というわけで今日の参観の際には先生から「実は昨日・・」と説明していました。

この幼稚園は舞台で表現する時、それを実際にやるかどうか決まっていなくても
せっかくだから
舞台で使う道具やら衣装やらをなんとかそろえてみます。
こんなのがあるのとないのとでは表現が大きく違うからです。

そして大事なのは
わざわざ買ってそろえたり、なんだか先生達が作ってしまわないこと。

幼稚園の中にあるもので代用したり、子ども達で作ったり。

それでもそろわないものは・・・・
そうです。
すみれ組のようにお家の人にも知恵を借りてしまう~というわけです。

子ども達が
「こんなもの・・ないかなあ~」とつぶやくときがあったら
ぜひぜひ伝言聞いてやってください。

一週間前にもお手紙で・・
忘れちゃうかもしれないから
部屋にも
遊戯室にも
職員室にも・・・・
いろんなところに掲示して
“教具、全員、注文してくださ~い”とお願いしてみましたが
トホホ・・・・。
忘れちゃった方~ご連絡くださ~い。

About

2011年01月28日 15:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「そうそう これこれ!!」です。

次の投稿は「実現できなかった・・」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34