« 手をかける・・ということ | メイン | 譲ります 譲ってください »

キャ~!!!

夏期保育の日々、朝の登園時間に決まってこの「キャ~!!!」が・・・。

中国から Kちゃんが~

奈良から Kちゃん姉弟が~

どちらも驚かせるためにサプライズで門をくぐりにやってくる

遠くに住んでる子達が 夏休みには・・と楽しみに
また、転勤の決まった子が 最後に・・・と
そしてそんな人たちのために 他のみんなも久しぶりに 門をくぐりにやってくる


久しぶりのお母さん 「先生、聞いて~」と我が子の話を・・・。
お母さんにとっては ”困った”という悩みの話のつもりだろうけれど
本人がいたら
抱きしめて“サイコ~!!!”と言ってあげたくなるような内容でした。
みんな なんて素敵な子に育っているのでしょう  ほんとに感動。


「せんせいいますか?」 一本の電話が・・・。
この春に卒園したKちゃんとYくん。
「○○日に遊びに行くので、プールに水入れておいてください」
・・・・なんて強引なお願い・・・・

どんなに楽しかった幼稚園でも
卒園してしまうと
再び 門をくぐるのは
なかなか 勇気がいったり
なかなか めんどくさい

クーラーもない暑い所なのに
それでも みんながここに集まる

そんなみんなが“変わらない”と思って帰ってくれるような幼稚園でいよう そうしよう


Kちゃんのお母さんより
“トマトのジャム”を教えていただきました。
そうです。ジャムなのでもちろん砂糖で煮るわけです。
トマト 1㎏   砂糖 300グラム   レモン 大さじ2
パンなのか ヨーグルトなのか (Kちゃんのお母さんはクリームチーズに)
何に合うかは食べてみるとわかるはず
おっと・・種は取りましょう。
Kちゃんのお母さ~ん 
いろんな美味しいものに出会わせてくれてありがとう

明日から再び夏休みが続きます
「先生、夏期保育があってよかった・・気分が変わる・・毎週やってほしい・・」
わかります わかります
久しぶりに登園してきた今週の月曜の朝、あちこちでお母さんが怒ってる姿が・・・。
でも 4日たつとお母さん達の顔がだんだんいつもの表情に変わっていくのがわかります。

親子も
夫婦も
あんまり長い時間一緒にいると よくないよくない
ついつい優しくなれなくなる

“げんか~い!!”と感じたら 
我が子のために
自分のために
ちょっとでいいから 門をくぐりましょう
我が子は ちょっと園庭を走り
自分は  ちょっと先生と話す

“困った時は幼稚園”
“困った時は幼稚園”
くりかえし口にしてください


About

2009年08月06日 18:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「手をかける・・ということ」です。

次の投稿は「譲ります 譲ってください」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34